HOUSE PLAN
新築・リノベーション・デザインリフォームのハウスプラン
03-6906-7634
[受付時間] 9:00 ~ 18:00
ハウスプランについて

リフォームお役たち記事

2020.04.02

フローリングの基礎知識

フローリングとして採用されている床材は複合と呼ばれる事もある合板と無垢の2つに分類する事ができ、合板は厚さが薄めの木板を複数枚接着して張り合わせて生成した合板の最上部に、天然木を貼り付けた床材を指します。

今日の合板は高級感が強く感じられるのにも関わらず、合板が元来持ち合わせている選びやすい価格帯という特徴も併せ持っていますし、機能性もますます向上しています。

生成する段階で最上部に天然木を貼り付けるという工程が存在している事により、展開されているデザインも豊富なので各家庭に最適なタイプが選びやすいです。そして、リフォームが完了するまでに要する工事の期間も短期間で完了させられるため、工事が開始された後はすぐに引き渡しが行われ新しい床材の環境下で再び普段通りの生活が営めます。

またフローリングの中には遮音性を上げるため、クッション材を張ったタイプもあり、戸建住宅の2階、マンションの直張り床に使用します。だだ、クッションがあるので歩く際に床が少し沈みます。最近のマンションでは直貼りではなく、床下地をコンクリートから浮かした二重床タイプが主流になり、遮音性を高めています。

戸建の2所帯住宅では、1階2階に所帯を分ける場合が多く、ほとんどの場合1階に親所帯が入ります。2階を子所帯が使いますと騒音、小さい子供が走り回る音が気になります。そうゆう場合は床を遮音仕様にします。下地合板の上に遮音マット、石膏ボード等を敷きます。効果を上げるため、マット、石膏ボードを重ねて張る場合もあります。遮音にはいろいろな方法がありますが、床の遮音だけでもかなり効果が出ます。

最近は表面に木目を印刷したフィルムを張るグローリングが増えています。フィルムですがキズ、ひび割れ、汚れに強く耐久性があります。

一方の無垢は天然木から得た一枚板を材料にしているので、一枚板ならではの木材の温もりや自然の雰囲気が感じられるという魅力があります。

足や手で触れた時の感触が優れている事はもちろんですが、自然の一枚板ならではのナチュラルさによってインテリアがより素敵な雰囲気にさせられます。

しかも、木の温もりというのは見た目だけに限らずに実際に断熱性能にも長けているので、床材が冷たくなりやすい冬場であっても足で触れた時に冷たさを感じずに生活ができます。
また、無垢は天然木から一枚板として取り出された後も変わらずに呼吸を続けているため、室内空間の湿度が高くなった時には湿気を吸い取ってくれていつも爽やかな室内空間を作り上げてくれます。
このようにフリーリングの種類は合板もしくは無垢の2つが存在し、どちらを選択しても快適な室内空間に生まれ変わらせる事ができますが、フローリングのリフォームを行う時に気になるのが依頼するタイミングについてです。

フローリングのリフォームの時期について念頭に置いておくと良いのが、日本は湿度が高いという特有の環境である様子であり、年間を通して湿度が高い日が多い事によって比較的張り替えの頻度は高めです。

物件が存在している環境にも左右されますが、目安となるのは10年間から20年間に1度の頻度で張り替えを行う事です。

もちろん、10年間から20年間の1度の頻度というのは1つの目安なのでまだ10年間が経過していなかったとしても、室内を歩いている時に特定の場所で床からきしむ音が聞こえてきたり、歩くと床がたわむ、沈むと感じられるようになった時にはフローリングを張り替えましょう。

そして、フローリングの張り替えを決意した時には、張り替えの事のみを考えるのではなく床の下部に生じている変化の有無についても十分に考える事が重要です。

床材だけが関係しているのではなく、床の下地に問題がある場合はリフォームをして新しい床材を張っても問題は解決しません。工事の前に床、床下地の問題点を確かめてもらい工事方法を確認した上で張り替えを実行しましょう。

もし床下地に問題が無い場合でしたら、重ね張りの方法があります。仕上がりの床の高さが変わると段差ができるので、重ね張りは薄い材料で張ります。厚みは約3ミリです。床暖房の床にも張れ、遮音床にも張れます。工事費は既存のフローリング撤去する必要が無いので抑えられ、何より工事期間が短くできます。

Scroll Up
Menu