HOUSE PLAN
新築・リノベーション・デザインリフォームのハウスプラン
03-6906-7634
[受付時間] 9:00 ~ 18:00
ハウスプランについて

リフォームお役たち記事

2020.02.21

システムキッチンの上手な選び方

システムキッチンを選ぶ際には自分の使い方に合ったものを選ぶのが最も良い方法です。最近では生活様式が多様化していることから様々なタイプのものが販売されており、その中から自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのが非常に良い方法となっています。

 

その中であまり意識されないけれど注意しなければならないポイントは、1つは様々な調理器具の収納と出し入れのしやすさを考慮することです。

最近では対面型キッチンやアイランド型キッチンが非常に人気となっていますが、このタイプの場合には様々な調理器具を収納するスペースを確保することが難しいために、実際に調理を行う際に移動距離が長くなってしまいがちな欠点があります。

様々な調理器具をシステムキッチンの近くに収納しておくことが、最も効率的に作業を行うことができる方法なのですが、対面型キッチンやアイランド型キッチンの場合は周辺に壁がないためにこれらのものを収納しておくことが難しくなってしまうのです。

結果的に壁のある場所に棚を設置して配置することになりますが、システムキッチンからその収納スペースまで離れてしまうことが多く、作業のためにその間を移動することが必要となるため、作業効率が低下してしまうことがあります。そのため、家の中で十分な収納スペースを周辺に確保できない場合には、従来のタイプのものを選ぶ方が作業がしやすく、また非常に疲れにくいきちんとすることができるのです。

 

システムキッチンを選ぶ際に注意しなければならないのは、その高さと水栓の使いやすさです。特に最近では多くの人が身長が高くなっているため、従来の日本人に合わせたタイプではその高さが低すぎて非常に疲れやすいものとなってしまうことが少なくありません。自分が作業をしやすい高さに合わせて選ぶことが非常に重要です。無理をして低いタイプのものを使用し続けると、足腰を痛めてしまうことにつながるため、新たに選ぶ場合にはこれを十分に意識することが大切です。

 

また水栓の位置にも気をつけることが必要です。意外と意識をしないことも多いのですが、水道の蛇口の位置は作業を行う上で非常に重要なポイントになります。最近では美しさを追求し片側に寄っているものも多くなっていますが、その際に洗い物などを行う際に邪魔にならないような形状と配置を意識しているものでないと、実際に洗い物などをするときに水道の蛇口が邪魔になって上手に洗うことができないと言うことも多いのです。オプションで自分で好きな形状に交換できる場合も多いので、実際に洗い物などをするときに邪魔にならないような位置と形状を意識して選ぶことがポイントです。

 

最近の住宅カタログ等では、キッチンで作業をしながらリビングにいる家族と話をすることができる対面型キッチンが非常に注目を集めるようになっています。従来のキッチンのイメージは壁側に向かって黙々と調理をする母親のイメージがありますが、最近では家族団欒を重視し、調理をしている間でも家族の様子を見ることができるような仕組みのものが非常に人気となっているのです。

 

しかしこのタイプの場合には部屋の中央に水回りを配置しなければならないため、その工事が大規模になってしまうことや、費用がかかってしまうことなどがデメリットとなっているので注意をしなければなりません。このタイプは簡単に設置できるものではなく、住宅によっては大規模な床下工事を行わなければならなくなる可能性が高いのです。そのため工事費が非常に高額なものとなってしまうケースがあるため十分に意識をして選ぶことが大切です。システムキッチンの選び方は使いやすさや費用面も十分に考慮して選ぶことが重要となるのです。

Scroll Up
Menu