HOUSE PLAN
新築・リノベーション・デザインリフォームのハウスプラン
03-6906-7634
[受付時間] 9:00 ~ 18:00
ハウスプランについて

リフォームお役たち記事

2020.02.18

トイレリフォームここが知りたい。タンクレストイレとタンクありトイレの違い!

タンクレストイレとタンクありトイレの違いは、見た目に水洗用の貯水タンクが有るか無いかと言う点になります。タンクレストイレは貯水タンクが本体の便器と一体化しており、見た目にスッキリして場所をとらない形となっているのがポイントです。そのため、場所を取らずに様々なスペースで設置をすることが可能となっているのがメリットです。

しかしタンクレストイレの場合には従来の貯水タンクのように外側で水の流れを確認することができません。一般的にタンクありトイレの場合には貯水する水が外側から入り込む形になっているので、その形状によっては水を流す際にその流れる水で手を洗ったり、洗浄剤などを流し込むことができるようになっているものもありますが、タンクレストイレの場合には内部で直接水が循環するため、そのようなことができないのがデメリットとなっているのです。

従来はタンクありトイレが主流であったため、その貯水タンクに一旦水を貯め、便器の洗浄を行う際には貯めた水を一気に流し出す仕組みとなっていました。そのため、いちどに大量の水を流す仕組みとなっていたことや、その水の量を調節できないために大量の水を消費することになり、節水を行いたい時などは非常に無駄な使い方とされることもあったのです。1部では貯水タンクの中にペットボトルなどを入れることでタンク内にたまる水の量を減らし、節水を行う例が紹介されていたり、恒常的に溜まる水の量を変える方法が紹介されているなどといったことがありましたが、タンクレストイレの場合には自動的に水の量が決められることになっているため、このような細工を行うことができなくなっています。

 

しかしタンクレストイレの場合にはタンクに水を貯めるのではなく、直接水道から洗浄用の水を流す仕組みとなっているため、その水の量が設定されており自動的に調節される仕組みとなっているのがポイントです。そのため特に近年のものでは水の使用量を少なく設定していることが多く、水流などを調節することもできるので非常に水の消費量を少なくすることができるのがポイントとなっているのです。

 

近年では水の消費量は非常に重要なものとなっており、節水型のトイレが非常に注目されるようになってきました。さらに温水洗浄なども一般的となっているため、従来のタンクありトイレでは様々な状況に対応することができなくなっています。そのため現在ではタンクが取り付けてあるタイプはほとんど新たに設置されることが少なくなり、タンクがないタイプが主流となっているのが実態です。

それにトイレ自身のスペースも昔に比べて大きく様変わりしており、できるだけ小さなスペースを有効に使おうと言う意識が強くなっていることから、小さなスペースで収めることができるトイレが非常に人気が高まっている傾向が強くなっています。また構造的に自動開閉便座やその他の様々な機能を搭載することも多くなっているため、これらのものを搭載する際には電気的に様々な制御を行うことが必要となります。節水を行ったり、温水便座の機能などを実現するためには様々な制御が必要になるため、これに合わせて水洗の機能も電気的に制御するほうが効率的だと言う発想が強くなっており、従来のような貯水タンクに水を貯めてこれを一気に流すと言う方式はあまり使用されなくなっているのです。

ただし新たなタイプのものは価格が非常に高額となるのがデメリットです。様々な電気部品等が装着されていることや、その構造が複雑になってしまうことから様々なコストがかかり、高額となってしまうことが多いのです。

 

Scroll Up
Menu